テーマ:CHASE BOMBERS(Ⅲ期)

ひとかけらの真心(CHASE BOMBERS)

初めてその扉を開けた時は ただ何となく微笑んで 交わした息使いが重なるたびに 一歩ずつ踏み込んでたね はずした時計から漏れる音も 気付かないふりでふたり 重ねた口唇から伝わる君の 温もりにすがるように いつかは壊れる積み木でも 積み上げる時間は温かい 君の声が季節を流れて 僕の耳に花を咲かせてゆく …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空き巣に入ろう(CHASE BOMBERS)

何にもやることがなくて 街をぶらぶら歩くと 気軽で鍵のかかってない 空き家を見つけたのさ すぐにアプローチをして 入り込んでゆくのさ 手招きするような扉に 土足で入ってゆくのさ 計画は立ててない ぶっつけ本番だ 一目で対策を立てて 慎重にそして大胆に 空き巣に入ろう きっと楽しいことが待っている 空き巣に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more